あなたは自分で書いたブログ記事をFacebookなどでシェアするとき

どうやってシェアしていますか?

まさか無言でシェアしていませんよね?( ̄▽ ̄)

 

無言じゃなくても、まさか

「ブログを更新しました」

とだけ書いてシェアしていませんよね?

 

―――――――

魅せる文章で実力を開花させる

セールスコピーライターの加賀さゆみです

―――――――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ集客をするには

自分のブログを1人でも多くの方に読んでもらいたいですよね。

そして存在を知ってもらいたいですよね。

 

そういうときにもっとも効果的なのが

「SNSにシェア」をして拡散する

という方法。

 

最近ではFacebookの拡散は以前に比べて力を失っていると言われていますが、

それでも

自分のこと(自分の商品)を知ってもらうには

ブログ記事をシェアするのは大切なことです。

 

そこで本日は

ブログ記事やシェアした記事が読まれるようになるテクニックをご紹介します。

 

≪目次≫

1.シェアするときにやってはいけない「NG」な方法

2.シェアしたブログ記事が読まれやすくなるテクニック

3.シェアするブログ記事には必ず意味を持たせる

 

 

 

 

1.シェアするときにやってはいけない「NG」な方法

読んでもらいたいブログ記事をSNSでシェアするとき、

ただシェアするだけでは読んでもらえません。

 

「ブログを更新しました」

と書いてシェアしても読んでもらえません。

 

だって

「ブログを更新しました。」

「だから何?」

って話じゃないですか。

 

読み手からすると

「どうして私に読んでもらいたいの?」

って思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう人に読んでもらいたいのか、

どうして読んでもらいたいのか、

 

そこまで書かないと

わざわざシェアされたブログ記事をクリックして

読もうとは思いません。

 

無言でシェアしただけで読まれたり

「ブログを更新しました」という言葉だけで読まれるブログ記事は

 

よっぽど記事タイトルが興味をそそるものであるか、

 

「この人がシェアするブログ記事は毎回面白いから」

既に信用がある場合です。

 

その信用を積むためにも

まずはシェアしたブログ記事を定期的に読んでもらわないといけませんね。

 

じゃあ、どうすればシェアしたブログ記事が読まれるの?

っていう話ですが・・・

 

2.シェアしたブログ記事が読まれやすくなるテクニック

 

あなたがブログ記事をシェアしたい理由は何ですか?

「それは読んでもらいたいからだよ!」

っていう声が聞こえてきそうですね(笑)

 

では、

どうして読んでもらいたいのですか?

 

アクセスを上げたいからとか

ブログに来てもらいたいから

とかそういう理由ではなく、

 

誰のために書いたブログ記事なのか

ブログ記事を通して何を伝えたいのか

 

そこを伝える文章が

シェアするときに必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の持つ時間というのは無限ではありません

1分1秒、大切な時間です。

 

お仕事をしている人は

休憩時間の合間にSNSをチェックしているかもしれません。

 

主婦であれば家事の合間に、

育児の合間に、

 

男性であればトイレで踏ん張る間に(笑)

↑うちの主人はトイレにこもるとき大体スマホを持ち込みますw

 

 

どれも貴重な時間帯にチェックしているのです。

 

 

その時間を割いて自分のブログ記事を読んでもらいたいなら

「え~シェアするのに文章を考えるなんて面倒くさい」

なんて言っていられませんよ。

 

 

シェアするときに書く文章を「導入文」と言うのですが

何を書いたら読みたくなるかな?と考えてみてください。

 

何を「書く」と考えるからハードルが上がるかもしれませんね!

 

お友達にあなたのブログ記事を読んでもらいたいなと想像したとき

 

何と「言って」ブログ記事を紹介するかな~?って考えると良いかもしれません(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると・・・

そこまでして読んでもらうブログ記事です。

 

シェアするブログ記事に中身がなかったら

それはある意味「信用」を失う行為です。要注意!

 

その「中身のないブログ記事」ってどういうこと??

というお話は次を読み進めてください。

 

3.シェアするブログ記事には必ず意味を持たせる

 

ときどき経験ありませんか?

シェアしてあるブログ記事をクリックして開いて見たら

その記事にまたリンクが貼ってあるっていうこと。

 

例えば

〇〇さんの記事がとっても感動したのでシェアします!
ずっと先の見えない悩みごとを抱えていたけど、こういう考え方をすれば良かったのか!って教えられました☆
↓↓↓
≪リンク≫

 

って書いてあったから

その「〇〇さんの記事」のリンクが貼ってるのかな~クリックしてみると・・・・

 

リンク先は「〇〇さん」の記事ではなく、

そのシェアした人自身のブログ記事(笑)

 

しかももう一回同じことが書いてある(笑)

 

〇〇さんの記事がとっても感動したのでシェアします!
ずっと先の見えない悩みごとを抱えていたけど、こういう考え方をすれば良かったのか!って教えられました☆
↓↓↓
≪リンク≫

 

結局「知りたい」「気になる」と思ってブログ記事を開いたのに

もう1回そのリンクをクリックしないと知れないという流れ・・・。

 

私はそういうのを見ると

「あ、もういいや。またリンクか・・・面倒くさ」

と閉じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもちゃんとブログ記事に何かしら紹介文とか

何か意味を持った内容が書かれてあってのリンクならまだ良いんですよ。

 

それだったら

「まずこのブログ記事を開いた意味はあったな」

と思えるから。

 

ですが

 

SNSにシェアされたブログ記事に飛んだら

SNSでシェアした同じ文章がそのまま書いてあって、

やっとシェアしたい本物記事のリンクが貼ってあるっていう。

 

これ・・・・

もうSNSに直接シェアしたい人の記事をシェアして良くない?

って思うわけ。

 

やってる本人からすれば

「いやいや、まず私のブログに来てほしかったんだよね!」

とか理由があるかもしれません。

 

だったら「ブログに来てよかった」と思わせる工夫ブログ記事の中にするべきです。

 

それがないブログ記事にSNSから人を集めたところで、得られるものは「なんだよもう~」という不信感。

 

その次からは

ブログ記事をシェアしても中々クリックしてもらえなくなる可能性があります。

(だって時間の無駄だって思っちゃうし)

 

信用がないとブログ記事を読んでもらえないし

信用を得るには日頃のちょっとした積み重ねです。

 

人に喜ばれることをしている方は

どんどん信用を得てブログ集客を軌道に乗せています。

 

たかがSNSのブログ記事シェア。

されどSNSのブログ記事シェア。

 

ただシェアするだけでは読まれない。

ほんのちょっと工夫が必要だということです。

 

あなたもブログ記事をシェアするときは

読みに来てもらえるように「導入文」を考えてみてくださいね!

 

――――――――

 

≪ブログの更新情報をLINEでお届け≫

登録してくださった方全員に、

「読まれる文章の書き方8つのポイント動画」をプレゼント!

↓↓↓
友だち追加

※LINE@限定ブログ集客に役立つプチセミナー動画も配信!

過去の動画はタイムラインにてご視聴頂けます。

 

 

≪募集中のイベント&セミナー≫

4/23(土)大牟田市開催!あなたに合った美容法、食事法、ダイエット法がわかる☆美味しいスイーツセットを食べながら♡DNA栄養学プチ講座
(九州初のDNA栄養学カウンセラーを招いて「自分のトリセツが作れる」お話が聞けます)

 

Please follow and like us:
The following two tabs change content below.

加賀 さゆみ

セールスコピーライター/グラスサンドアート(ハンドメイド)作家。 花屋に勤めていたが、結婚退職後、夫の勤務地である人口4000人の田舎へ移住。求人無し、貯金なしの状態で、生活費の為に花屋で身に付けたグラスサンドアートで起業。ブログ集客をする為、東京の一流セールスコピーライターに師事する。結果、ブログの文章を変えただけでお問合せが3倍にUP。現在はグラスサンドアートを続けつつ、セールスコピーライターとして執筆活動や講座なども行っている。夢はブログ集客やWeb集客に悩む個人起業主をセールスコピーライティングでゼロにすること。