顔出しすれば売り上げが上がるって本当?について

 

「プロフィールって自分の顔を出した方が良いんですか?」

「ブログに顔写真出した方が良いんですか?」

「先生って結構自分の写真を出してますよね?」

 

よく聞かれる質問です( ̄▽ ̄)

 

グラスサンドアート作家がメインのお仕事ですが

セールスコピーライターとしてのお仕事もやっているため

よく上記のような質問をされます。

 

実際、自分の顔写真を出すべきなのか?

 

2年前から今日まで、

このことについては色々リサーチしたり

いろんな業種の方のブログやHP、SNSを見て感じた事などありますので

 

今日はそのことについて書いていこうと思います。

 

 

 

ぶっちゃけ人による

 

と、私は思うのです(笑)

 

美人かどうかではありません。

(それも多少なりともあるかもしれないけれども)

 

写真の撮り方、配慮、

この辺をちゃんと意識しているかどうかです。

 

それによっては顔出しをして、売り上げが上がる人もいれば

逆に下がる人もいます。

 

 

そもそも何故、顔出しをしなくちゃいけないのか?

 

自分の自撮り写真をブログやネットにアップするって

最初はものすごく抵抗ありますよね。

 

自撮り写真をアップするのは

芸能人とか、モデルさんのイメージが私には強くありました。

 

だからグラスサンドアート作家を始めた当初は

「作品で勝負!」とか「作品を見て判断して!」っていう意気込みで

私の顔写真は出していませんでした。

 

唯一出していたのは

↓↓↓

 

 

 

この写真が当時、私のプロフィール写真です。

 

これでも、

「うわー!自分の写真を出せるってさすが元モデさんだねー!」

とか言われました(^^;横顔なのに(笑)

※2014年の話ですw

 

だけど、2015年に

「自分でビジネスするんだったら顔出しちゃんとした方が良いよ!

自分の顔を出すのが恥ずかしいとかそういう問題じゃなくて

未来のお客様に対する信用の問題だよ!」

 

と大親友に教えられました。

 

「依頼するならどんな人なのか顔を知りたいし、

顔がわからない人には怖くてお金払えないよ。」

 

って言われたんです。

 

 

お客様からすると「顔写真」は安心に繋がる

 

確かに、言われてみればそうなんですよね。

 

今じゃスーパーや道の駅に行くと

「この野菜は〇〇さんが作りました」

って顔写真と名前が貼られているじゃないですか。

 

それがあると不思議と「安心感」が出ますよね。

 

 

それと同じだと今は思うんです。

 

「作品に惚れて、この人の顔はわからないけどこの人の作品が欲しい!」

 

っていう場合もあるとは思うのですが、

10人中何人がそう思ってくれるかな?という話です。

 

「10人中1人がそう思ってくれるなら良い!」

っていうのであれば、

作品の写真のみで勝負すれば良いと思うし、

 

「いやいや、私の作品をもっといろんな人にお届けしたいから!

10人中5人が顔写真ある方が安心してくれるのであれば顔を出すよ!」

 

っていうのでも良いと思うんです。

 

顔写真があるとお客様から覚えてもらいやすい

 

これもまたスーパーや道の駅のお話になるのですが(笑)

 

一度購入した野菜やフルーツが美味しかったら

「また買おう!」って思うじゃないですか。

 

同じお店に行き、

この間買った野菜やフルーツを探すとき

目印になるのは「顔写真」になると思うんですよね。

 

「この人の!」って。

 

でも顔写真がなかったら

 

「あれ?どれだっけ?」って迷いが出てきますし

違う人が作った野菜やフルーツを買ってしまうかもしれない。

 

手に取って商品を選んで頂けるのであれば

パッケージなどで差別化できるのかもしれませんが、

 

Webとなると違いますね。

 

私もあるお客様から

「さゆみさんの顔写真があったからアカウントがわかりました!

またグラスサンドアートをお願いしたいのですが☆」

 

とInstagramで言われたことがあります(*^^*)

 

顔写真なら何でも良いの?答えはNo!

 

この辺の使い分けが

「売り上げUPする人」「売り上げが下がる人」の分かれ道のように思います。

 

大切なのは「好感度」を持てる顔写真かどうかです。

 

【キラキラ起業女子】が増えてから

自撮りする方がとっても増えましたが

 

「不快感を与える自撮り写真」と「好印象を与える自撮り写真」

この差は大きいです。

 

不快を与える自撮り写真は

・ドアップ(無修正)

・無表情

・威圧感がある

 

この3つが揃った自撮り写真を載せている人は

「わ―!見たくない(汗)」と

SNSではフォローを外される傾向があるようです。

(何を隠そう、私もその一人だ)

 

 

だけど、

ある程度、カメラとの距離をとって撮影していたり

アプリで修正(自然な程度に)している人

笑顔の人の顔写真は好印象を持てるし

 

好印象を持てるということは

見ていても苦じゃないのでSNSを開けばその人の顔を1回は見る。

ブログを開けば1回はその人の顔を見る。

↓↓↓

いつの間にか身近な人(知り合いのような)感覚になっている

 

 

ということが起きるんですね。

 

 

私もブログやSNS で

「この人とは一度も話したことも会ったことも、コメントのやり取りもしたことないけど

不思議と毎日顔を見ているせいか身近に感じる」

 

という方がいます。

 

 

自撮りがどうしても嫌な場合の対策

 

「どうしても顔出しはしたくない」

という方はいると思うんです。

 

そういう場合、有効なのが「似顔絵だと私は思っています。

 

あなたの雰囲気が伝わるような似顔絵。

好印象を与えられるような似顔絵。(あまり美化しすぎはNGだと思いますが笑)

 

自分で描いてみても良いかもしれませんが、

出来るのであれば、プロにお任せした方が良いかもしれませんね。

 

無料で作れる似顔絵などは

沢山の人が趣味やいろいろな用途で使用しているため

絵のテイストが似ていると「遊びでやってるのか」と捉えられてしまう可能性があります。

 

※個人的にですが、

この方の似顔絵はオススメです→一瞬で♡女性客の心を掴む似顔絵キャラ制作

 

 

まとめ&プロフィール写真について

 

私自身も、セールスコピーライティングを学んで

ブログの書き方を変えただけでお客様からのご注文が3倍に増えたのもありますが、

 

そこから顔写真などを積極的に取り入れるようになったら

また更にお客様からの反応が上がったのも事実です。

 

恥ずかしかったですが、

ブログのヘッダーに自分の顔写真を使ったり、

プロフィール写真もブログだけでなく、SNSでの自分の顔写真にしました。

(その代わりしっかりアプリで修正してますよ!肌を滑らかにしたり、小じわ消したり笑笑笑)

 

そうやって自分の顔写真を多く露出することは

「自分の作った作品に責任を持ちます」という

意識の表れにもなるのではないかと思います。

 

 

最後に、

「プロフィール写真はどういうものが良いですか?」

と聞かれることも多いのですが、

 

セールスコピーライター講座の同期が

とってもわかりやすい記事を書いていたのでご紹介します。

↓↓↓

プロフィール写真だけで「何の仕事か」伝える方法

 

私のようなグラスサンドアート作家やハンドメイド作家さんは

「かっちりスーツを着て、真正面か斜め横を向いたカメラ目線の写真」

は必要ないと思いますが(笑)

 

必要ないにしても、どのような写真がふさわしいのか

とても参考になると思います(^^)

 

 

グラスサンドアート各種メニュー

■これまでの作品一覧は→こちら(Instagram)

■簡単4ステップ!オーダーメイド
オーダー方法&ご注文はこちら

■人気デザインを集めたネットショップ

こちらをクリック

 

 

グラスサンドアート講座・教室のご案内

オンライン・対面で、随時講座や教室を承っております。

オンラインで受講できるので全国が対象です。
外出があまり出来ない子育てママや、お仕事の合間に習いたいという方が、隙間時間で技術を習得しています。

講座情報はこちら


グラスサンドアート制作の様子をYouTubeで公開しています。

YouTubeはこちら

 

無料メルマガのお知らせ

【自宅でハンドメイドのお仕事をするとは?】
おうち大好き人間でなるべく外に出たくない私が、
ブログやSNSを使い、広告費ゼロ円でお仕事している内容をお届けしています。
ブログの書き方、心がけていることなど、ブログには書けない内容です。
ご登録はこちら(無料)

 

ブログの更新情報のお知らせ

ブログを更新したら、SNSにてシェアしています。

ご利用のSNSがありましたらフォローして頂けると嬉しいです!

 

お問合せ

■メールフォームはこちら

■LINEでもお問合せ・ご注文頂けます。
友だち追加
(お友達追加でクーポンプレゼント中)

※週1回~グラスサンドアート新作写真とブログ更新情報を配信しています。
不定期で「一目惚れ素材で作る限定1個グラスサンドアート」の販売情報もLINE内でご案内しています。

Please follow and like us:
The following two tabs change content below.
加賀 さゆみ
熊本県在住。グラスサンドアーティスト。 ハワイと熊本でモデル、タレントを経験。しかしTVカメラ恐怖症になり、みるみる仕事が減り失意の中卒業。癒やしを求め就職した花屋で『透明のガラスの器にカラフルな砂を積み重ねて作る作品(グラスサンドアート)』に出会う。言葉では伝えきれない想いをグラスサンドアートを通して伝えられる魅力を知り、制作技術を極める。結婚退職後、夫の勤務地である人口4000人の田舎へ移住。グラスサンドアートの制作を続けたく自宅起業。ブログ集客をする為、東京の一流セールスコピーライターに師事する。結果、ブログの文章を変えただけでお問い合わせが3倍にUP。100%インターネット受注でやり取りは全てメールかLINEのみ。しかし顧客満足度は90%を超え、現在では全国からグラスサンドアートの注文が絶えない。オンラインで文字・イラスト入れ講座も開講。夢はグラスサンドアートで言葉の壁を越え、世界中の人に笑顔を届けること。
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial