オーダーメイドのご注文について
デザインが決まってからお届けまで
平均1週間〜2週間いただいております。
オーダー希望の方は公式LINEにて注文可能ですので、
お早めにご連絡ください(^^)
.
友だち追加
※お友達追加で500円クーポンもらえます!
   

 

 

 

こんにちは!

贈るのが嬉しくなるギフトを制作する

LinoNature (リノなちゅーる)

代表 佐野さゆみです(^^)

 

 

 

最近ですね、

ふーじー(夫)が

『開運』系の本を読みまくっているんです。

 

たぶん今度やるセミナーの為だと思うんですけど

 

本を読んでて

ふーじーが「へぇ」って思うことは

 

「ちょっと耳だけ貸して」

 

って言って

読んでくれるんです。

 

 

ふーじーのことを知っている人からしたら

めちゃくちゃ羨ましがられることだろうなと思います。

 

っていうのも

 

「ふーじーさんが読んでる本知りたいです!」

 

っていう方多いですし、

ふーじーが読んでる本を知る為に

ふーじーの講座に入る方もいますから。

 

それに以前、

ふーじーのオススメ本を

メールで聞いてきた人がいたのですが

その方にも丁重にお断りをしておりました。

 

何が言いたいかって

ふーじーが読んでいる本

(ふーじーがオススメする本)は

 

たまたま手に取って読んで

「これめっちゃ良い本だ!」

っていうレベルではないんです。

 

ふーじーって

「このジャンルを知りたい」

と思ったら

最低でも30〜50冊は絶対読むんですよ。

 

結果、

「ふーじーのオススメ本」

と言うと

 

これまで何千冊という本を読んだ中で

オススメする本なので

それはもう『価値ある情報』となるわけです。

 

すなわち

無料では教えられない価値があるわけです(((;◔ᴗ◔;))

 

 

そう思うと、

ふーじーが手に取る本一冊一冊にも

ちょっとずつ価値があるんじゃないかと

私は思うんですよね。

 

本屋さんに行くと

何千という本を読んできた勘なのか

しっかり選んでますもん。

 

「え、それなんで読もうと思ったの?」

って思うようなタイトルのを

手に取っていたりしますし😂

 

 

話は戻しますが

そんなふーじーが読む本を

ふーじーに音読してもらえて

ラッキーなんだろうなとは思うのですが

 

どうしても

聞いていて虫唾が走るジャンルがあるんです(ΦωΦ)

 

 

何かというと

風水系です。

 

 

この方角にこれを飾ると良い。

ここにはこれは置いたらダメらしい。

 

一番腹立つのが

「この方向に植物を飾ると良いらしい」

 

っていうやつです💢

 

 

あのね、

「リビングに置くと◎」は良いんです(笑)

 

 

でも

「玄関に置くと◎」とか

「トイレに置くと◎」みたいなのは

 

はぁあああ!?

 

って私に怒りスイッチが入るんです(^◇^;)

 

 

何でかというと

 

「植物育てるなら

 植物にとって一番相性の良い場所に置いてあげるのが最優先でしょ!

 それを風水なんかで決めるな💢

 その場所は植物にとって相性の悪い場所だったらどうすんだ!」

 

って思っちゃうんです(((;◔ᴗ◔;))

 

 

玄関も、明るい玄関なら良いんです。♡

 

私が最後に住んでいた熊本のアパートは

玄関がとても明るくて

風通しも良かったので

スクスクと育ちました(*^^*)

 

 

でも博多に引っ越した時の

マンションの玄関も、

 

今住んでいるマンションの玄関も、

 

絶対植物が育たない環境なんです(ΦωΦ)

 

自然光が入らない。

暗い。

風通しが悪い。

 

生花ですらすぐに枯れます。

 

生命が育つ環境ではないんです。

 

 

そこに風水で良いって言われてるからって

植物を置くとか

 

残酷すぎる。

 

 

と私は思うんです。

 

 

インテリアについても同じです。

 

 

玄関にはこの置物が良いとか、

トイレにはこれが良いとか、

寝室は○色が良いらしいとか、

 

そんなん個人の好きにさせてやれよ

 

と思うんです。

 

 

なんであなたに決められなくちゃいけないのよ!

私の好みのインテリアの風紀を乱すな(ΦωΦ)

 

と思っちゃうんです😂笑

 

 

運気を上げる部屋って

「居心地」が一番だと思うんですよね。

 

そこに住む人が

一番落ち着くインテリアだったり

気分が上がるインテリアだったり。

 

それが一番効くと私は思うんです。

 

私も一時期、

風水を取り入れた部屋作りをしたことがあります。

 

 

でもなんか落ち着かなくて。

 

好みじゃない置物を置いたり、

「この方角がいいから」って

棚もないのに無理やり棚置いて飾ってみたり。

 

違和感ありまくりな雰囲気になって

毎日少しずつストレス(笑)

 

しかも大して運気上がらん😂

 

 

だから風水無視して

自分が飾りたいように、

置きたいように模様替えしました。

 

 

毎日嬉しい気持ちになって

ウキウキして

嫌なことあっても

部屋に帰ってきたら

気分が上がる🥰

 

 

そっちの方が幸福度が高くって😂

 

 

それからというもの

インテリアに風水(方角系)は取り入れていません。

 

金運が上がる貔貅(ヒキュウ)とか

悪よけのヤアズとか

ぶっちゃけメンバー勢揃いしてますが😂

 

 

その子たち飾るのであれば

ちゃんとその子たちの世界観を作って飾りたい!

 

とある程度、世界観作ってます。

 

 

世界観さえ出来ていれば

私は満足なのです😂

 

 

インテリアやその場の雰囲気に

マッチしないのが嫌なんです。

(↑私の作るグラスサンドアートのコンセプトにマッチしてますね)

 

 

ふーじーの音読する

風水系の話に

プンスカ怒り出す自分を

客観視したときに

 

「へぇ、私って植物とかインテリアが好きなんだな。

ちゃんと持論を持ってるんだな。」

 

と改めて気づきました😂

 

 

 

そしてさらにふーじーが

「造花やプリザーブドフラワーも部屋に飾ると運気が下がるんだって」

 

と言ったときには

大激怒でした。

 

 

そんなバカみたいな持論出してくる著者はどこのどいつや!どんだけ古い頭の持ち主や!ええ!?🤬

 

と自分でもビックリするくらい

大激怒してしまいました😂

(汚い言葉遣いすみません🙇‍♀️💦)

 

 

だって、運気が下がる理由は

ドライフラワーやプリザを

お花の死骸と言いやがったんです。(言葉遣い🙇‍♀️)

 

 

マッジで許せません。

 

 

「お花の一番の美しさは

花開いた時であって

そのあとはどーのこーの」言ってましたが

 

 

お花の命を勝手に図るな!

人間と一緒にすんな!

お花はどんな姿であれ

”美しさ”があるんじゃ!!

 

そして

一番綺麗だと思う状態をキープして

何が悪いんじゃ!

 

んじゃ人間のアンチエイジングは

なんなんだよーーー!!!!!

 

 

別にふーじーの意見ではなのに

私が反論をバリバリし出すので

 

これまた反論しながら

 

「私、めっちゃお花好きなんだな」

 

と心の中で冷静に思ってる自分もいました😂

 

 

 

好みなんて十人十色。

癒されることも十人十色。

 

自分の好み、

自分の感性を大切にするのが

一番大切なんじゃないかなと思うんです。

 

 

って言ったらふーじーが

 

「でもさ、すごい運気が悪い時で

 もうどうしていいのかわからない状態にあったら

 風水でもこういうことでも、

 運気が上がる為なら手当たり次第に試したいって思うんだよね。」

 

と言っていました。

 

 

あ・・・

ふーじー、めっちゃ天中殺だったね。。。

・・・そうか・・・。

 

 

と私も反省をしたのでした(((;◔ᴗ◔;))

 

 

ふーじーの運気が上がるなら

風水、いくつかちょっと試してみようか( ̄▽ ̄;)

 

 

と言うのでした😂

 

 

あんなに熱く議論していたのは何処へwwwww

 

 

いろんな意見があります。

どれが正しい、どれが間違いってのは

ないと思います。

 

好き、嫌いの話だと思います😂

 

信じたいか、

信じたくないか、

の話だとも思います。

 

 

いろーんな意見や考えがある中で

「この考え方好きだな♡」

 

と思うことをしっかり取り入れて

自分が心地よく思う選択をして

生きていけたら幸せなんじゃないかと思うんです(^^)

 

 

ふーじーの為に

風水を取り入れた家づくりをしなきゃかなと思ったのですが

 

その次に読んでいた本の内容に

 

「家のインテリアは奥さんに任せましょう。

奥さんが一番居心地の良いインテリアすることが

その家族の運気上昇につながります。」

 

とあったので

 

なんじゃいそれー!!!

 

ってなったのでした🤣

 

 

 

それでも最近、家のインテリアが居心地悪くなってきたので

(私の心がゾワゾワする)

夏休み中に模様替えや落ち着く空間作りをしようと考えています。

 

 

またネタになりそうだったら

ブログに書きますね(*ˊ艸ˋ)

 

 

では今日もブログをお読みいただき

ありがとうございました(*^^*)

 

 

 

LinoNature (リノなちゅーる)

佐野さゆみ

 

 

 

 

前日の記事
『「これは良い!」と思った夏のオススメ/本日の生徒さん作品!努力は絶対報われる!大丈夫!』

 

 

 

\お部屋のインテリアがより一層可愛くなるかも!/

💛あなたもグラスサンドアートを作ってみませんか?

📩【無料】グラスサンドアート”入門”メール講座📩

「届く作り方動画がわかりやすい!」「届くのが毎日とっても楽しみ(*^^*)」「ここまで教えてもらえるなんて!内容が濃い!」と嬉しい声を続々と頂いております♡

ご登録者様にはグラスサンドアートの手作りキットをプレゼント🎁✨

(手作りキット内容)

無料メール講座はこちら📩

グラスサンドアート講座をCLASSYでご紹介いただきました

 

 

 

\本格的に学びたい方は/

💛【公式】LinoNatureのグラスサンドアート講座
『CLASSY.』『リンネル』『天然生活』『令和のベストヒット大賞』に掲載されました!「グラスサンドアート教室オススメランキング」でも1位を獲得!
グラスサンドアートを上手に綺麗に可愛く♡つくれるようになりませんか?グラスサンドアート講座
マンツーマンで、卒業後もアフターフォロー付き♡一人一人に合ったアドバイスを見極めてお送りしているので上達率も高いです!
「予想以上の出来上がりに感動!」「綺麗に模
様ができた時の嬉しさが半端ない!」
「動画の撮り方が上手でグラスサンドアートは対面よりオンラインの方が良いのかもとさえ思った!」
.
受講生からの満足度98%超え!場所を問わず、お家で学べて確実に技術が身に付きます!
.
グラスサンドアート講座の詳細はこちら

 

 

💛グラスサンドアートのオーダーメイド

グラスサンドアートのオーダーメイドをご希望の方⇒簡単4ステップオーダーメイド

 

ご自分用、プレゼント用、なんでもどうぞ☆

オーダーメイドをご希望の方は、以下のページより詳細をご覧ください(^^)

簡単4ステップ!オーダーメイドのやり方(金額の相場)を見る

 

<LinoNature佐野さゆみのグラスサンドアートに対する想い>

私の仕事は『ハンドメイド』のアーティストです。
一定のスキルを超えたら、相手のことを想って作るハンドメイド作品は、どんなものにも敵わない、最強の贈り物になると思います。
大切な人のことを想いながら作る。大切な人が自分のことを想って作ってくれたものを貰う。
”これほど嬉しくて、気持ちのこもったものは無い。”
そんな信条を持って、私はグラスサンドアートの仕事をしています。

 

 

 

▼ネットショップ

 

▼ブログの更新情報が届いたり、オーダーメイド注文、講座受講などが行えます♪

(お友達追加でクーポンプレゼント!)

友だち追加

 

 

 

【ご案内】

YouTube

.
作品一覧(Instagram)

.
お客様の声

.
プロフィール

.
お問合せ(メールフォーム)

.
▼LINEでもお問合せ・ご注文を承っております。
(お友達追加でクーポンプレゼント中)
友だち追加

 

 

▼SNSやっております

ブログを更新しましたらSNSでシェアしています。
是非フォローお願いしますm(__)m
.
【LinoNature】
グラスサンドアート作品がたっぷり!

Facebookページ

Instagram

.
【佐野さゆみ】
さゆみの人柄が丸わかり!

Facebook

Instagram

さゆみのアメブロ
(読んでてクスッと来るような日常記事を書いています(*ˊ艸ˋ))

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター画像
佐野 さゆみ
福岡県在住。グラスサンドアーティスト/講師。 4,500点以上を受注制作した元花屋/元モデル。高校卒業後、親戚のいるハワイに留学。留学中にスカウトされモデルやラジオを経験。帰国後もTVなどの芸能活動をしながら、癒しを求めて花屋に就職。そこでグラスサンドアートに出会う。頭の中のイメージをカラーサンドで形にし、人を笑顔にする力に魅了され、技術を極めて起業。大手『日清』や『アルビオン』からも受注。オンライン講座も開催し、これまで教えた人数は1,000人を超える。手厚いサポート付きで技術が身につくと全国誌『CLASSY.』や『リンネル』『天然生活』『美人百花』等にも掲載。2022年「グラスサンドアート教室東京のオススメ人気ランキング」でも1位を獲得している。(詳しいプロフィールは「プロフィールページ」にて。)