【講座】私が作り方を教える上でとっても大切にしていること


▼お知らせ
グラスサンドアート作りに興味のある方へオススメ❤️

【綺麗な模様の作り方が学べちゃう! 】無料グラスサンドアート入門メール講座はこちら
(届く作り方動画がわかりやすいと大好評!グラスサンドアートの「手作りキット」プレゼントあり♡&講座受講料の割引特典もあるかも・・・!?)



オーダーメイドのご注文ですが、
現在ご予約が
2ヶ月先まで埋まっている状態です。

スケジュールの変動により、空きが発生しましたら、公式LINEにてお知らせさせて頂いておりますので
オーダーメイドご希望の方は是非公式LINEにご登録ください。
↓↓↓
友だち追加

 

こんにちは!

 

3連休、父の家に遊びに行ったら

幼少期の時使っていたラーメンどんぶりが

植物の鉢に使われていて

衝撃を受けた加賀さゆみです。笑

 

 

今日は私がグラスサンドアート講座を通して

生徒さんに妥協せずに伝えている

“グラスサンドアートを作るにあたって大切なこと”

お話ししようと思います。

 

 

 

私の個人的な好みではありますが

 

ガッツガッツと

砂を大量に入れて作られている模様が

あまり好きではありません。

 

サンドアートです〜〜〜!!!

と主張しているような模様。

 

 

そういう模様を見ると

 

作り手がガッシリと大きめのスプーンを持って、

その大きめのスプーンで

大量にカラーサンドをすくい

そのまま器に大胆に流し込んだのかな

 

想像してしまいます。

 

 

何を隠そう、

昔の私の作品がそうでした( ;∀;)www

 

 

もちろんそういう模様がダメとか

そういう意味ではありません。

 

子供が作ったグラスサンドアートとかは

特に大量のサンドを流し込んだような

作風になりますし(笑)

(↑我が子が3歳の時に作ったもの)

 

そういうのも個性があって

見ていてほっこり♡私だってします(*^^*)

 

ただこういうのは

子供が作ったからほっこりするのであって

 

 

大人がプロとして作って

販売している作品の中に

ザックザックと作ったような作風があったら

私は選びたくないなっていう

 

完全に個人的な好みの話です(^_^;)

(ちょっと厳しめな言葉ですみません)

 

というのも

このようなエピソードがあったんです。

 

↓↓↓

 

花屋にいたとき

 

「スカスカになった棚を早く

グラスサンドアートで埋めなくちゃ!」

 

と急いで作ったことがあったんです。

 

そして私は作りながら

 

砂を多めに積めば

すぐグラスサンドアートが完成する

気づいたのです。

 

 

そうやって作ったグラスサンドアート。

 

次の日お店に出勤すると

夜のうちに師匠(花屋のオーナー)が作った

グラスサンドアートがいくつも並んでいました。

 

 

私が作った太い線で出来たグラスサンドアートと

細く繊細なタッチで作られた師匠のグラスサンドアート。

 

 

それらが並んでいるのを見て

愕然としたんです。

 

 

師匠が作ったグラスサンドアートは

例えるなら上質なインテリア

 

 

私が作ったのは・・・

 

 

どこか下品で、急いで作ったのが伝わってくる

 

 

使っているのは全く同じ材料なのに。

しかも同じ色の組み合わせ、模様なのに・・・。

 

 

あぁ・・・・お客さんだったら

こんなの買いたくないよね・・・。

 

 

と思いました。

 

 

心を込めて作るのは

手作りにとっては当たり前のこと。

 

だけど、その「心を込めている」ことが

伝わるような作品を作らなくちゃ意味がないって

 

そう思ったんです。

 

恐らく私の推測ですが、

師匠もそれを私に伝えたかったんだと思います。

 

でも面と向かって言うのが苦手な人だから

実際に見せて伝えようとしたんだと思います。

 

 

私はオンラインで講座を行なっているので

実際に生徒さんが作っているところを見ることがありません。

 

 

見るのは生徒さんが作り上げた作品のみ。

 

そこから私がどう感じるか。

 

 

本当に丁寧に丁寧に作ったんだろうなと

伝わってくる作品を作る生徒さんもいれば

 

ガッサリと作ったのかな〜?と

思ってしまう作品を作る生徒さんもいます(笑)

 

 

もしかしたら

ゆっくり丁寧に作っているのかもしれないけど

それが伝わってこない作品になっているのかもしれません。

 

(それって損してますよね。)

 

そこをどうやったら

「丁寧に作っていることが伝わる見た目になるか?」

 

そういうところを伝えるのも(教えるのも)

私の役目だと思っています。

 

 

どこをどう変えたら

繊細で美しいグラスサンドアートになるか?

 

 

以前は砂の色の順番が最も大事だと思っていましたが

そうではないことも最近気づきまして

細かいところまで指導するようになりました。

 

 

やっぱり、

キチッと妥協なく教えると

 

生徒さんたちも

「難しいけど、どんどん上手になっていくのがわかるから練習が楽しい!!」

 

って言ってくれます。

 

せっかく習うなら

しっかり美しく作れるようにならないとですね(*^^*)

 

 

ちなみに、

ガッサリと作ったのかな〜?と

思ってしまうようなグラスサンドアートを作っていた生徒さんも

 

文字イラスト入れ講座(中級講座)には

素早く繊細なタッチに見える作品を

作れるようになりました(*^^*)

これは私も本当に感激しました✨

 

 

 

グラスサンドアート講座は

毎月人数限定で行なっております。

 

興味のある方は

講座詳細をご覧くださいm(_ _)m

 

↓↓↓

★あなたもグラスサンドアートを作ってみる?

 

 

 

前日の記事
『【開店祝い】ロゴ入れギフト☆絶対喜ばれるプレゼントを贈りたいと思ったらコレ!

 

次の記事
『【開院祝い】「贈り物にこれほど良いものはない」と大絶賛された院のロゴ入りギフト

 

ご案内.

オーダーメイドのご依頼はこちら

.
YouTube

.
作品一覧

.
お客様の声

.
プロフィール

.
お問合せ

.
▼LINEでもお問合せ・ご注文を承っております。
(お友達追加でクーポンプレゼント中)
友だち追加
※週に1回、講座の先行案内やクーポンなど、様々なご案内LINEが届きます。

 

 

▼関連記事Top3

 

▼人気記事Top3

 

 

▼ネットショップ

 

▼SNSやっております

ブログを更新しましたらSNSでシェアしています。
是非フォローお願いしますm(__)m
.

Facebook

Twitter

Instagram

 

 

 

Please follow and like us:
The following two tabs change content below.
佐野 さゆみ
佐野 さゆみ
福岡県在住。グラスサンドアーティスト/講師/セールスコピーライター。 3,000点以上のグラスサンドアートを受注制作した元花屋/元モデル。高校を卒業後、親戚のいるハワイに留学。留学中にスカウトされ、モデルやラジオを経験。帰国後もTVなど芸能活動をしながら、癒しを求めて花屋に就職。そこでグラスサンドアートに出会う。頭の中のイメージをカラーサンドで形にし、人を笑顔にする力に魅了され、技術を極めて起業。大手「日清」「アルビオン」からも受注。オンライン講座も開催し、生徒からの満足度は98%を超えている。日本人ならではの細部までこだわる技術をグラスサンドアートに乗せ、海外でも笑顔を広げたいと、第二の故郷ハワイへの進出を目標に、ビジネスコーチと共に日々活動している。(詳しいプロフィールは「プロフィールページ」にて。)
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial